国公立・私立医学部の偏差値と留年者数、国試合格率の関係を比較してみた!【2019年度現在】

スポンサーリンク
医学部分析

 文部科学省のホームページで公開されている「各大学の医学部医学科の入学状況及び国家試験結果等」では、平成25年度入学者の全国医学部の最低修業年限での卒業率や平成31年度医師国家試験の新卒国試合格率等が公開されています。https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1324090.htm

 このブログの以前の記事で、この文科省の公表データをもとに全国の国公立・私立大学の留年者数・ストレート卒業率、そして「真の国試合格率」のランキングを作成しました。

国公立・私立大学医学部留年者・ストレート卒業率2019年度ランキング【真の国試合格率とは】
 全国の国公立・私立大学医学部では、それぞれ特色のある教育が行われています。大学別の比較で特に話題となるのが進級の厳しさ、留年者数、そして医師国家試験の合格率です。 文部科学省のホームページでは、「各大学の医学部医学科の入学状況及...

 この「真の国試合格率」とは平成25年度入学者のストレート卒業率に平成31年度新卒国試合格率をかけたものになります。これにより、平成25年度入学生のうち留年せずに6年後に医師国家試験に合格した割合を算出することができます。この記事では「ストレート国試合格率」とします。

 今回の記事は、医学部の留年者数・ストレート卒業率と新卒国試合格率を反映した「ストレート国試合格率」と、各大学医学部の入学時の偏差値との相関関係をまとめたものになります。各大学医学部の偏差値については、2019年度に医学部を留年せずにストレートで卒業した学生が入学した2013年度の河合模試の偏差値と駿台模試の偏差値の平均値の偏差値を採用しています。

スポンサーリンク

国公立大学医学部の留年者数・国試合格率と偏差値

 最初に国公立大学医学部の留年者数・ストレート卒業率と入学時偏差値との相関関係についてみていきます。

 偏差値が高くなるほど「ストレート国試合格率」が上がっている傾向があります。偏差値68を超えている大学で国公立医学部平均の合格率81.1%を超えている大学が8校あるのに対し、平均を下回っている大学は九州大学と京都府立大学の2校のみです。

 逆に偏差値64を下回っている大学のうち、国公立平均を超えている大学は浜松医大、琉球大、福島県立医大の3校ですが、一方で平均を下回っている大学は佐賀大、旭川医大など8校となっています。

 注目したいのが外れ値となっている大学です。秋田大学は偏差値の割に留年者数が少なく、新卒国試合格率も高く「ストレート国試合格率」は全国トップクラスです。

 旧帝大の中で北大医学部と九大医学部で15%ほど差がついているのも興味深い点です。西日本の医学部が左下に多く、東日本の医学部が右上に多い傾向も感じられます。

 東京大学医学部は少し特殊で、毎年留年者がほとんどいません。そのため、医師国家試験の合格率の順位は毎年真ん中程度ですが、「ストレート国試合格率」ではトップクラスとなっています。

 相関係数を参考程度にエクセルで計算してみたところ、r=0.49という結果となりました。国公立大学医学部の偏差値と「ストレート国試合格率」にある程度の正の相関があるとみることができそうです。

私立大学医学部留年者数・国試合格率と偏差値

 続いて、私立大学医学部の留年者数・ストレート卒業率と入学時偏差値との相関関係についてみていきます。

 私立大学医学部は国公立大学医学部よりも強く、偏差値が高くなるほど「ストレート国試合格率」が高くなっている傾向が感じられます。偏差値が65を超えている医学部で私立大学医学部平均値を超えている大学が8校ある一方で、私立医学部平均を下回っている大学は日本医科大と東邦大学の2校のみです。

 私立大学の医学部は学費を低く抑えた医学部の偏差値が高い傾向があります。その結果、優秀な学生が集まり留年も少なく国試の合格率も高くなるという結果になっていると推察されます。私も偏差値が高い順天堂大学医学部や自治医科大学の教育水準が高いという話はよく聞きます。

 相関係数を参考程度にエクセルで計算してみたところ、r=0.61という結果となりました。国公立大学医学部の偏差値よりも私立大学医学部のほうが偏差値と「ストレート国試合格率」に強い相関関係があると言えそうです。

まとめ

 国公立大学医学部、私立大学医学部のいずれも医学部入学時の偏差値が上がるほど「ストレート国試合格率」が高い傾向にありました。医学部入学時の学生の偏差値が高いほど留年者数が少ない、もしくは新卒国試合格率が高いといえます。

 私立大学については国家試験の合格率が70%を下回ると補助金が減額されることから、前年度の国試合格率が低迷している場合には進級の基準が厳しくなり留年者数も増加することが予想できます。

 今年は東北地方のある私立医学部で、卒業試験で30人ほど留年した結果、医師国家試験の結果が95%となったということです。医師国家試験の大学別合格率だけではなく、各大学の留年者数も見るべきだというのはこのような実態があるからです。

 もちろん、大学の偏差値や医学教育ではなく本人の能力勉強の頑張りが大きく関係していることは間違いありませんが、大学の医学部によって進級の基準が大きく異なり、留年者の人数も医学部ごとに大きく異なることも事実です。医学部の受験生の立場に立つと、より偏差値の高い医学部を目指すことで留年せずに国家試験に合格できる確率が高まるとも言えそうです。

医学部受験生の方はぜひこちらの記事も読んでみてください。

本当に医学部を受験して進学しても良いか考えてみよう
医学部は逃げ道がほぼ無い  まず本当に医師という職業についてしっかり理解して医学部受験を決意しているのか、もう一度よく考えてみてください。医学部が他の学部と決定的に異なるのは医学部に入学することが医師以外の進路を断ち切るということ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました