オンライン授業ではiPadとApple Pencilがおすすめ

スポンサーリンク
医学部生活

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、多くの大学でオンライン講義導入の動きが出てきています。ここでは、オンライン講義でおすすめの受講方法について紹介したいと思います。それは

pdfで配布されるオンライン授業のレジュメをiPadで読み込む

自宅のノートパソコンでオンライン講義を視聴し、iPad上のレジュメにApple Pencilで書き込む

というものです。そんなこと去年からもうやってるよ!という方は飛ばしていただいても構わないのですが、これからオンライン授業が始まる新入生の方や、まだiPadを導入していない方はぜひ読んで参考にしていただけたらと思います。

今回のオンライン授業を機にレジュメのペーパーレス化にも挑戦してみよう!

スポンサーリンク

オンライン授業でiPadが必須な理由

 普段の大学の講義では、多くの場合紙のレジュメが配られますよね。そして、講義のメモなどはレジュメに書き込むと思います。中にはルーズリーフを使うよ!という人もいると思いますが、傍らには常に配布されたレジュメがあるはずです。

 オンライン講義の場合、自宅でオンライン授業を受講することになります。その際、紙のレジュメではなく恐らくPDFのレジュメを電子データで取得することになると思います。

 問題はそのPDFファイルをオンライン授業の際にどの媒体で開くかということです。

iPadでレジュメを開けば書き込める&パソコン全画面で講義が視聴可能に

 パソコンを分割表示にして、レジュメを開きながらオンライン講義を視聴することもできます。しかし、オンライン授業を見る画面が狭くなること、書き込むのが大変などといった問題点が出てきます。

 そこで是非おススメするのがiPadの利用です。PDFファイルをiPadのアプリ「GoodNotes」で読み込み、直接Apple Pencilで書き込むことでオンライン授業でも通常のレジュメに書き込むのと何ら変わりない状況を実現できます。

紙の資料もiPadのカメラでスキャンして書き込める

 iPadのアプリのGoodNotesの機能に「スキャン書類」もしくは「写真を撮る」という機能があります。PDFではなく、手元にある紙の資料も、撮影した写真を電子ノートとしてiPad上でApple Pencil を使って書き込むことができます

iPad miniのサイズ感が絶妙

iPadはいくつかの種類が発売されています。無印iPad、iPad Pro、iPad Air、iPad miniです。私のおすすめはiPad miniです。iPad miniの利点をいくつか列挙してみます。

・値段が5万円前後とiPad Proほど高価ではない

・サイズがノートパソコンの半分ほどでコンパクト(7.9インチ)

→病院実習の際に白衣のポケットに入れて携帯できる

・当然Apple Pencil対応(第一世代)

Apple Pencilの書き味はストレスを全く感じないレベル

 Apple Pencilの性能は素晴らしく、ペン先と画面の距離感ほとんど感じません。反応の遅延もわからないレベルまで性能が向上しています。紙にペンで書いているような感覚で、画面上に書き込むことができます。

PDF書き込みアプリはGoodNotesがおすすめ

 iPadでPDFに書き込めるアプリはいくつか販売されています。有名なものはNotabilityとGoodNotesです。私はGoodNotesを推奨します。クラウドサービスとの連携やバックアップ機能、操作性の面で優れているからです。

 

GoodNotesを使ってPDFファイルをiPad上で書き込む手順

1、iPadで直接PDFファイルを保存するorパソコンでPDFファイルを取得し、グーグルドライブ、onedrive、DropBoxなどのクラウドに保存する

2、GoodNotesでPDFを読み込む。

ペーパーライクフィルムの購入を忘れずに

 iPadの液晶画面の保護フィルムは、何種類か販売されています。今回は、Apple Pencilの利用を考えているのでペーパーライクフィルムを使いましょう。表面がざらざらとしていて、紙に書いているような質感を再現してくれます。

ガラスフィルムはツルツルと滑ってしまいApple Pencilとの相性が悪いのでおススメしません。液晶が割れるのが心配な時は、本体のカバーの購入を検討しましょう。

これまでのレジュメもデータ化してしまおう

 ここまで、オンライン授業でPDFファイルをiPadで扱う、ということについて解説してきました。しかし、せっかくですから紙のレジュメもPDF化してコンパクトにiPad一つで持ち運べるようにしたいですよね。

これからはカフェでかさばるレジュメを持ち運ばなくてもiPadだけでテスト勉強ができるよ!

レジュメのデータ化は圧倒的にスキャナーがおすすめ

 紙の資料を電子化しようと考えた時に、スマホやiPadのスキャンアプリで撮影していくこともできます。しかし、一枚ずつスキャンしていくことになり効率が良くありません。

 例えばスキャナーで最も有名なScanSnap連続で1分で30枚のスキャンが可能です。100枚のレジュメのPDF化が、ScanSnapにレジュメをセットしておくだけで自動で4分足らずで完了してしまいます。スマホで撮影するのとは雲泥の差です。

ScanSnapの設定を文字認識オンにするとレジュメの文字検索ができる

 スキャナーでレジュメを電子化する大きなメリットは、スキャンする際にレジュメの文字認識をしてくれるということです。GoodNotesの検索機能を用いると、GoodNotesに保存したPDFファイル全体の中で文字検索をしてくれます。勉強中にすぐに該当するレジュメにたどり着くことができるので非常に便利です。

医学部はレジュメの数が多く紙で持ち運ぶのは大変

 特に医学部では10枚1セットのレジュメが1科目当たり15~20個程度配布されます。非常にかさばりますし、紙のレジュメのまま持ち運ぶのは不便です。ScanSnapでスキャンすることでコンパクトにiPad mini一つで持ち運ぶことができるメリットは大きいです。

ぜひオンライン授業が始まるこの機会にiPadとScanSnapデビューして、快適な勉強環境を整えてみませんか?参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました