新型コロナウイルスの現状・9月入学案について一医学生が考えてみた

スポンサーリンク
雑記

 先日、全国の知事会が9月入学制度について国へ提言するというニュースが流れました。新型コロナウイルスの影響で全国の生徒・学生が休校を余儀なくされています。緊急事態宣言がゴールデンウイーク明けも継続する公算が高まる中、学校再開の時期はますます不透明となっているのが現状です。
 知事会としては、この際、9月から仕切り直して9月始業・入学にすることで生徒の学びの機会を確保したいとの思惑があるようです。また、一部の知事からは国際的なスタンダードの9月入学にするチャンスはこのような未曾有の事態の時にしか無いという話も出ています。
 仮に実現するとしたら、社会全体に大きな影響を与えるこの9月入学案について、一医学生としての考えをまとめてみます。

9月入学案について

 結論から言うと、私は9月から登校できるなら現時点での暦のまま登校するべき。できないことも見越し、9月入学の議論の前に、現時点で放置されている小・中・高校生へのオンライン授業の環境をいち早く整備すべきという考えです。

 そもそも、この知事会の9月入学案というのは、どうも9月には今の感染状況が収束し対面での授業再開を見込んで出た案のように感じます。仮に9月の学校再開が可能とする仮定の上での9月入学ならば、私はこのまま夏休み明けまで学校は休業を続け、現在の4月入学制度のまま9月から対面授業を再開したほうが良いと思っています。9月入学制度というのは単に教育への影響にとどまらず、就職・国家試験など社会全体に影響を及ぼします。9月に感染が収束しているとも限りません。
 9月入学案というのはただのその場しのぎで、問題を先送りにしているように思えます。それよりも先に、この状態が長期化することを見据えて教育現場でのオンライン授業の環境を整え、オンライン授業による教育課程の消化を正規の授業として認めるということを自治体と文科省が進めていくのが先ではないでしょうか。9月入学にしても、再び感染が拡大し外出自粛となるということになるようだと、そもそも9月入学制度というのはコロナによる教育機会の喪失という根本的な課題の解決にはなっていないように思います。
 また、グローバルスタンダードに合わせるという言い分は、今回のコロナの件とは全く無関係でありコロナウイルスによる登校自粛への対応とは別途考えていく問題であると思います。

新型コロナウイルスについて

 現在の日本の感染対策というのは、医療現場のキャパシティを越えないように感染のスピードを緩やかにするための外出自粛です。あくまで根本的な解決であるワクチン・治療薬の開発までの時間稼ぎであるということです。
 COVID-19の致死率が比較的低いからそこまで怖がる必要がないという意見も散見されます。しかし、それはある意味見当違いなのではと思います。恐れなければならないのは、コロナウイルスの患者が医療機関に殺到し病床を埋めてしまうことで、他の疾患、特に高度救急救命が必要な重篤な患者に対して速やかに十分な医療が提供できなくなることです。現状では軽症の患者も、数日で肺炎が重篤化するケースも報告されていますし、そもそも病気の全貌がいまだ不透明である状況です。
 もう一つの問題点は、一度COVID-19に感染し重篤化すると退院までの期間が長期化してしまうということです。効果的な治療薬が確立されていない現状では、肺炎の対処療法のみが病院での治療の選択肢となっています。報道では入院から退院に向かうまで少なくとも3週間程度はかかっています。入院から退院までの期間にも新規の感染者が次々と病院へ運び込まれる状況では次第に病床も限界を迎えるでしょう。新規の感染者数が減少したとしても、そこから病院の病床に余裕が出るまでにはタイムラグが生じることも難しい問題です。
 国民の多くが抗体を獲得することで集団免疫を得れば感染が収束するのではという仮説もあります。1920年ごろのスペイン風邪は集団免疫により感染が収束したといわれています。しかし、COVID-19の場合抗体の有無というのは感染したという事実を示しますが再び感染するか否かは未だ不明の様です。例えばインフルエンザのように季節性の流行の場合、昨年感染しても今年感染しないとは限りません。
 そのため、このCOVID-19へのワクチンが開発されるか、もしくは治療薬が確立されるまでは状況の好転は見込めないのではと考えています。
 最近アビガンが国産の革新的な治療薬であるような報道が多く感じますが、アビガンの有効性については臨床試験での結果は認められていません。そもそも、COVID-19で重症化し亡くなるケースというのは全体の感染者数のうち、かなり限定されています。アビガンで快復したのか、もしくはアビガンを投与しなくても快復したのかをランダム化比較試験で検証する必要があります。また、アビガンには催奇形性が認められており、動物実験では精液への移行も確認されています。若年層への投与は慎重に検討することが必要です。

感染長期化への備えを

 仮に9月からの学校再開が可能なのであれば、それは好ましいことですが、敢えて9月入学にして様々な社会の混乱を招くよりは、4月入学の暦のまま9月から学校を再開し何とか教育課程を終える方がベターだと思います。
 むしろ、現状ではオンラインでの教育で学習指導要領の内容を指導することを代替として認め、その環境を速やかに整備すること。そして外出自粛が長期化することを見据えて、入試等の課題についての解決案を社会全体として議論するのが先決ではないでしょうか。
 大学では既にオンラインでの講義が始まっています。単位もオンライン講義で認定さます。小学校や中学校の場合も各家庭で、オンライン受講のための端末やWi-Fi環境を整備するよう国と自治体、地域が協力して進めていく必要があると思います。

ワクチンについても理解を

 加えてこの機会に是非ワクチン接種についても肯定的な考えが広がればよいなと思っています。子宮頸がんワクチンは、副作用が発生したとの報告があり訴訟が起きました。その結果、国の定期接種の対象ながら、「積極的な接種勧奨の一時差し控え」という不思議な状態となっています。その結果日本の子宮頸がんワクチン接種率は0.6%と非常に低水準となっています。
 しかし、名古屋スタディという疫学調査結果からは、HPVワクチンと副作用との因果関係を積極的に支持するものは一つもないことが分かっています。日本でHPVワクチンを接種していない世代では子宮頸がんで毎年3000人亡くなっています。せっかくワクチンが開発されて防げる病気なのにワクチン接種が行われず毎年多くの女性が子宮頸がんで亡くなるという事実は悲しいことです。世界ではHPVワクチンが普及し、HPVワクチンと子宮頸がんスクリーニングを行うことで稀な疾患になるだろうと言われています。日本が逆行しているこの現状が是正され、感情論ではなく科学的な議論が行われ、COVID-19のワクチンが待望される今の機会にワクチンに対する理解が得られることを願っています。

 なにか意見があればコメントいただけると嬉しいです。お読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. 華子 より:

    9月入学の制度というのは、今年の9月に授業が始められると見込んでいるのではなく、今の学年の子供達が本来なら来年の3月に進級するところを、9月まで延ばして学習する時間に使いましょう、ということなのですよ。
    医学科生も、実習ができずにいますよね。これを来年の3月までにやろうとすると、長期休暇を潰しても間に合わないかもしれない。だから9月までに延ばしてもらえれば、実習が行える可能性が高くなりますよ。

    • mikan mikan より:

      コメントいただきありがとうございます。9月入学にすることで教育機会を増やせるというのはその通りだと思います。ただ、私は9月どころか今年度は40人が1つの教室で対面で授業をするというのは難しい可能性もあると思うのです。ハーバードの論文では2022年まで自粛の必要との話もあります。
      私は9月入学というシステムの議論をして混乱を招くより、現時点で放置されている生徒の学習環境を速やかに是正し、長期化を見据えて対面に代わるオンライン等代替の教育案と入試の方法を整備するのが先決だと考えています。

タイトルとURLをコピーしました