大学生のおすすめオンラインストレージ・クラウドサービス

スポンサーリンク

この記事では大学生におすすめのオンラインストレージ・クラウドサービスを紹介しています。
 オンラインストレージやクラウドサービスというのは、パソコンやiPad、スマホ等の端末にデータを保存するのではなく、オンライン上のクラウドにデータを保存できるというものです。これにより、どの端末からでもクラウドにアクセスすることで、クラウドに保存したデータをダウンロードすることができます。例えば大学のパソコンで作成したデータをクラウドに保存することでUSBを使うことなく、自宅のパソコンからそのデータにアクセスすることができるのです。非常に便利なサービスです。

 

スポンサーリンク

Onedrive

 これはMicrosoftが提供しているオンラインストレージです。Microsoftのアカウントを持っていれば無料で15GBのストレージを使うことができます。Onedriveの大きな特徴はword、Excel、PowerPointとの利便性が高いということです。バックアップの意味合いも含めてOfficeをほぼ確実に使う大学生は使うべきです。

Amazon Drive

 大学生ならこれももはや必須なレベルです。Amazon Driveはアマゾンプライム会員が無料で利用できるサービスです。Amazon Driveは5GBまでのオンラインストレージが無料で利用できます。これはOnedriveやGoogle Driveと比べて少ないですがAmazon Driveが素晴らしい点はAmazon Photosというサービスも無料で利用できるというものです。
 Amazon Photosは無制限かつフル解像度の画像ストレージを利用できるサービスです。つまり、スマホに入っている写真を画質を落とすことなく容量無制限でAmazon Driveに保存することができるのです。
  
 アマゾンプライムは学生なら月々250円で加入することができます。Prime videoやお急ぎ便無料などがメインとして捉えられますが、このAmazonドライブの無制限の画像ストレージもコスパ最強だと思います。大学生ならプライム会員になって間違いなく損はしません。

Google Drive

 Google DriveはGoogleが提供しているオンラインストレージです。Googleアカウントを持っている人なら誰でも15GBのストレージを無料で使用することができます。
 Google Driveの利点はGoogleが提供する各サービスとの利便性が高いという点です。特に便利なのはGmailとスプレッドシートです。
 例えば、Gmailへのファイルの添付もGoogle Driveに保存してあるファイルからはGmailアプリから直接添付を行うことができます。
 他にも、複数人でのデータの共有・リアルタイムでの編集が簡単にできるというのもGoogle Driveの強みです。特にスプレッドシートは大学生なら一度は使用する機会があると思います。スプレッドシートはGoogleのサービスなのでGoogle Driveを使うと複数人でリアルタイムでの編集が容易にできます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました