コロナの休校、9月入学・新学期制が受験生にもたらす影響とは

スポンサーリンク
雑記

 5月1日の時事通信社の報道によると、政府が9月入学の実現に向けて具体的な検討作業に入ったというニュースが出ました。来年度秋からの制度化を想定しているという話もあり、まだ不透明な部分があります。

 急な話であり、実現しないだろうという見方もあります。しかし、共通テスト導入の際も文科省は結局半ば強引にセンター試験を廃止しましたので9月入学制度もある程度現実味をもって捉える必要があるかもしれません。そこで、この9月入学が現時点での受験生にもたらす影響について考えてみます。

上位層と下位層の二極化が加速

 今年度の高校3年生の新学期が9月からという前提で考えます。
 結論から言うと、このコロナウイルスによる休校に加え9月入学制度の導入により上位層と下位層の二極化が大きいものになると思います。この、上位層というのは浪人生、首都圏中高一貫校の生徒及び公立最難関高校のTOP層の生徒となります。

 首都圏の中高一貫校は既に高校2年までに高校範囲の学習が完了している学校がほとんどです。高3の一年間は入試の実践演習に入ります。9月入学によりこの期間が1年半に伸びるというのは大きな利点です。0.5浪しているようなものですから、後述しますが浪人生との差も小さくなるでしょう。当然休校の影響も最小限です。もともと入試問題の演習の授業ですから自分で問題集を解くことでカバーできます。
 逆に、まだ高校範囲の学習が終わっていない高校では、この期間の学習が大きな明暗を分けます。学校の授業がないからと言って曖昧な勉強をしていると上位層との差は開くばかりです。現在塾や予備校も休校もしくはオンライン講義に切り替わっていると思います。自分で参考書や問題集で演習を積むか、スタディサプリ等の映像授業を活用するのも一案でしょう。

今年の入試は全般的に浪人生が有利に

 東大・京大・医学部については後述しますが、これらを除いた旧帝大やMARCH等の入試に関しては浪人生が圧倒的に有利となるでしょう。休校期間で現役生は学校の授業がストップしてしまっています。9月入学によって未習範囲の学習時間をリカバリーできたとしても、この休校期間中の授業のロスは痛いです。
 浪人生はすべての入試の範囲の学習が一度は終了しています。4月から来年の入試まで約1年半の間、高校範囲の復習・入試演習に時間を充てることができます。精神面での動揺はあるかと思いますが、愚直に勉強を積み重ねることで現役生に対して日に日に差をつけることができます。

最難関校に限ると浪人生の優位性が失われる

 もう一つの影響としては、9月入学により東大・京大・医学部をはじめとした大学受験の最難関大学に限ると、浪人生の優位性が失われると考えられます。これは受験が半年先延ばしされることにより、現役生の学習時間が現在の5月から8月末までの4か月間確保できるということに起因します。
 最難関大に手が届く高校生というのは、学力不足というよりは単純に受験までの勉強時間が足りないことで不合格になってしまうケースが多いです。特に県立のTOP高は高3の夏ごろに高校範囲の学習が終了し、そこから本格的な受験勉強に入ります。半年の受験勉強では間に合わないという受験生が浪人することで東大や医学部に合格するパターンが比較的多く見られます。

 今年は特殊で現時点で1か月の休校期間が生じているわけですが、少なくとも5月末までの休校は可能性が高そうです。これは夏休み二回分に該当します。東大や医学部を目指す現役生は既に1日10時間程度の学習を休校期間中に行っているでしょうが、通常の授業があった場合には部活動や学校行事もありこれだけの学習量は確保できません。
 一定のレベル以上の生徒は、学校の授業がなくても自分で学習することで未習範囲を理解することができますので、休校による弊害よりも夏休み分の学習量を2か月確保できるというメリットが大きくなります。

まとめ:休校期間中・9月入学までの勉強量が明暗を分ける

 このコロナでの休校期間、および9月入学により得られる入試までの時間をさぼらずに自分で学習できた生徒が最後は合格を手繰り寄せることができると思います。現在、学校のみならず予備校や塾も休校となっている状態です。未曾有のこの状態で毎日10時間の学習を続けられるかが、明暗を分けるでしょう。まだ高校範囲の学習が終わっていない方は、ぜひ月2000円のスタディサプリを利用するか、参考書と問題集を利用して自分で学習を進めてください
 今この時も首都圏の中高一貫校の生徒と浪人生は猛勉強し着実に実力をつけています。負けないように頑張りましょう。

お読みいただきありがとうございました。何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました